忍者ブログ
つきの土地購入のためのご案内です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 皆さん“つきの土地”が現在販売されているのはご存知でしょうか?


 つきの土地を販売しているのは、アメリカ人のデニス・ホープ氏。 (現アメリカ・ルナエンバシー社CEO)
 同氏は、「月は誰のものか?」という疑問を持ち、法律を徹底的に調べました。
 すると、世界に宇宙に関する法律は1967年に発効した、いわゆる宇宙条約 しかないことがわかりました。
 この宇宙条約では、国家が所有することを禁止しているが、個人が所有してはならないということは言及されていなかったのです。


 この盲点を突いて合法的に月を販売しようと考えた同氏は、1980年にサンフランシスコの行政機関に出頭し所有権の申し立てを行ったところ、正式にこの申し立ては受理されました。


 これを受けて同氏は、念のため月の権利宣言書を作成、国連、アメリカ合衆国政府、旧ソビエト連邦にこれを提出。この宣言書に対しての異議申し立て等が無かった為、LunarEmbassy.LLC(ルナ・エンバシー社:ネバダ州)を設立、『つきの土地』を販売し、権利書を発行するという「地球圏外の不動産業」を開始しました。


 そして、1996年より本格的にネット販売を開始し、元アメリカ合衆国大統領や有名ハリウッドスター、アメリカの有名企業も次々と購入したことにより、米国内で購入者が急増。以後世界中に販売を続け、現在全世界175ヶ国、約130万人の「つきの土地」の所有者がいます。日本でもすでに、約6.5万人の方が月のオーナーになっていています。


つきの土地

月の土地権利書/月の地図/月の憲法


 1エーカーの広さ(約サッカーグラウンド1つ分)が2,700円と低価格で、なおかつ購入後に贈られてくる月の土地権利書/月の地図/月の憲法がお洒落なこともあり、自分用のほかに、誕生日や結婚・出産祝い・クリスマスやバレンタイン・母の日といったプレゼントとして贈る事が多いようです。


  また月の地価について、2007年にスイスの金融大手UBSが米住宅市場の先行指標になる可能性があると顧客向けリポートで分析したことから密かに投資家のあいだでも注目を集めている。
 現在、貴金属やレアメタルといった鉱物資源が地球上から枯渇するかもしれないと危惧されています。もしかしたらあなたのつきの土地からそういった鉱物資源が発掘され地球に輸送される日が来るかもしれません。
 それどころか地球上にはない未知の希少な鉱物が発見される可能性すらあります。


 あなたも「つきの土地」に投資してみませんか?



PR
  • seo
忍者ブログ [PR]